2021年11月25日 3:49 pm

皆さんこんにちは!最近は急に冷え込んで一気に寒くなりましたね!

体調管理に気を付けてお過ごしください!!

 

では本日は外壁部材の解説をしていきたいと思います。

●目地(めじ)

外壁材や窓サッシ同士(サッシ廻り)の継ぎ目部分のことです。

サイディングボードには防水のためシーリング(コーキング)が詰めてありますが、

シーリングは紫外線や雨水で劣化(ひび割れ、剥がれ)するため外壁塗装の際に補修が行われます。

目地シーリングの補修工事は「打ち替え」と「増し打ち」があります。

打ち替えは古いシーリング材を手作業ですべて撤去し、新しいシーリング材を打ち込む工事になります。

増し打ちは既存シーリング材を残したまま新しいシーリング材を詰める作業です。

 

この目地部の劣化が進みますと、雨水の侵入を許してしまい、壁の腐食がはじまります。

そこからサイディングボードの剥がれ、欠け等さまざまな劣化現象が発生し、

結果として雨漏りに繋がり、建物全体の腐食に繋がってしまいます。

住宅を長持ちさせるためには、この目地のシーリングの打ち替えを外壁塗装時にセットで工事を行うことが

大切です。

 

次回は水切りの解説をしていきます。

 

PSインドカレーにハマってます!インド料理屋さんのタンドリーチキンおすすめですのでぜひ!(^^)!

 

松下

Categorised in: ,